大阪市中央区南船場のカイロプラクティック ヘルニア・腰痛・肩こり・頭痛・しびれ・坐骨神経痛・背骨の痛み・姿勢改善など

大阪市中央区に国際基準のカイロプラクティックセンターが誕生しました。腰痛、肩こり、頭痛、痺れ、姿勢改善などお悩みの症状をご相談下さい。
カイロプラクティック
パーク南船場 HOME
カイロプラクティックとは
カイロプラクティック治療の手順
料金と営業時間
予約と地図
スタッフプロフィール
カイロプラクティックの適応症
カイロプラクティックでは下記以外の様々な症状に対しても適応する場合があります。慎重に身体の反応を調べてカイロプラクティックに向かないと判断した場合は、病院や他の医療をお勧めする場合もございます。
詳細は各項目をクリックしてください
腰痛 肩こり
頭痛 しびれ
坐骨神経痛 ヘルニア
背骨が痛い 背中が痛い
肩が痛い 膝が痛い
股関節痛 寝違い
姿勢改善 疲れやすい
web予約
お問い合わせはこちらです
・06−6260−0029
info@park-chiro.com
地図
クリック↑地図が拡大されます

 椎間板ヘルニアについてのご説明

 椎間板ヘルニア

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニアと言って、脊椎と脊椎の間にある椎間板の中心部である髄核が飛び出そうとして周りの線維輪という部分が膨らんだり、また髄核そのものが飛び出して近くの神経を圧迫することで脚に痺れが起こるものです。椎間板の前方には横幅の広い前縦靭帯が脊柱全体に渡って付着しており、髄核が飛び出すことはほとんどないと言われています。力学的には、腰椎は前方へのカーブを描いておりそれに合わせて椎間板は付着していますが、腰を丸めることが多いと椎間板の後ろの方が広く伸ばされるようになります。その状態が最も髄核が飛び出しやすいと言われており、姿勢の影響もあると考えられています。椎間板ヘルニアが最も起こりやすい部位は腰椎の4番目と5番目の間で次に5番目と仙骨という骨盤の間であると言われており、そこを通る神経が圧迫され、しびれもその神経にそって起こるというのが通説です。

 カイロプラクティックでは

椎間板ヘルニアによって痺れが起こるという考え方が近年変わりつつあります。まだ正確ではありませんが、痺れは飛び出した椎間板によるものではないかもしれないとのことです。それはMRIを撮影すると痺れなど感じたこともない人でも椎間板が膨らんで神経を圧迫していることがよく見られるということから考えられるようになりました。大事なことは神経が痺れるということはどのようなことなのかです。一つは正座の後のように血液が流れなくなって痺れるというもの。もう一つは、強い刺激。そして、直接破壊されるということです。最後の直接破壊される場合は多発性硬化症など難病の方にみられるように自分の免疫が神経を破壊してしまって痺れを起こすというものでヘルニアとはあまり関係がないように思われます。その前の二つは様々な要因が考えられます。椎間板が飛び出そうとすることで周りの線維輪に傷がつくのですがその際に炎症がおこります。炎症が起こると自律神経である交感神経が働き血管を収縮します。椎間板の周りの血流量が減少して神経への血液供給が少なくなることでしびれが起こることが考えられます。また、椎間板だけでなくその近くの小さな筋肉に急激な傷がついてその炎症作用で同じようなことが起こるかもしれませんが、それだけでなく痛みに対してのストレスも関与していると言われております。ストレスは傷の痛みを感情的に結びつけて慢性的に痛みを持続させているのではないかとも考えられています。それと同時に神経は過敏な状態になり、刺激に対して痺れや痛みを起こすのではないかということです。
カイロプラクティックではこのメカニズムを断ち切るために、関節と筋肉の働きを取り戻し、脳へ正しい情報を送ることと、神経への血液供給を取り戻すことの二つの可能性によって痺れへの効果を期待します。

 ◆実際の症例

 詳細は各項目をクリックしてください
◇椎間板ヘルニア
準備中
カイロプラクティック パーク南船場
〒542−0081 大阪市中央区南船場2−2−28順慶ビル501
TEL:06−6260−0029 URL:http://www.park-chiro.com copyright 2007. Chiropractic Park Minamisenba all right reserve.
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策

・MAGIC SEARCH ・リンクアップ/健康・医療