大阪市中央区南船場のカイロプラクティック 寝違い・腰痛・肩こり・頭痛・しびれ・ヘルニア・坐骨神経痛・背骨の痛みなど

大阪市中央区に国際基準のカイロプラクティックセンターが誕生しました。腰痛、肩こり、頭痛、痺れ、姿勢改善などお悩みの症状をご相談下さい。
カイロプラクティック
パーク南船場 HOME
カイロプラクティックとは
カイロプラクティック治療の手順
料金と営業時間
予約と地図
スタッフプロフィール
カイロプラクティックの適応症
カイロプラクティックでは下記以外の様々な症状に対しても適応する場合があります。慎重に身体の反応を調べてカイロプラクティックに向かないと判断した場合は、病院や他の医療をお勧めする場合もございます。
詳細は各項目をクリックしてください
腰痛 肩こり
頭痛 しびれ
坐骨神経痛 ヘルニア
背骨が痛い 背中が痛い
肩が痛い 膝が痛い
股関節痛 寝違い
姿勢改善 疲れやすい
web予約
お問い合わせはこちらです
・06−6260−0029
info@park-chiro.com
地図
クリック↑地図が拡大されます

 寝違いについてのご説明

 寝違いについて

寝違いは頚部や胸背部の筋肉が炎症などを起こして痛みが出るものと言われています。確かに筋肉が損傷していることは多いと思われますが、首を動かせないほどの痛みはその損傷部位の痛みではなく、防御的に起こった筋スパズムによる場合はほとんどです。筋スパズムは異常な痙縮と表現されますがあまりはっきりと定義されてはいないようです。ここで言うのは神経から筋肉に収縮を起こす信号が過剰に送られて、筋肉を使わないのに収縮が起こってしまうような状態を言います。これは揉んだり、ストレッチをすると余計に収縮がきつくなり痛みがひどくなることが多いです。
まれに頚部椎間板ヘルニアが起こっていることもあります。

 カイロプラクティックでは

寝違いを改善するには筋スパズムをいかに抑えるかがポイントになります。痛くて動かせないからと動きを止めていると回復は長引くばかりです。しかし、下手に動かすとスパズムが強くなります。そこで少しでも頚部が動ける状態を作っていきます。そのためには神経の働きの習性を利用する必要があります。神経はある部分が働くとその反対側は休もうとする習性があります。これを相反抑制と言って、リハビリなどでも使われるものです。このテクニックを使いながら頚部の可動域を少しでも大きくしていくことで他の筋肉の働きと調和がとれ、また頚部、胸部の関節から正しい動きの情報が脳へ送られてスパズムはおさまっていきます。なので、できるだけ関節の動かすようにすることも重要です。炎症がひどい場合はこのスパズムも強くなりますので少し改善が長引くこともあるでしょう。
ご自身でとりあえず対処したい場合は、温めないで氷をタオルでくるんで熱感を感じるところにしっかり当ててください。10分以上は逆効果ですので、10分の冷却を2時間おきにすると痛みが和らいでくると思います。痛みが強くなる場合は自分では触らず、まずご来院されることをお勧めします。

 ◆実際の症例

 詳細は各項目をクリックしてください
◇寝違い
・ 準備中
カイロプラクティック パーク南船場
〒542−0081 大阪市中央区南船場2−2−28順慶ビル501
TEL:06−6260−0029 URL:http://www.park-chiro.com copyright 2007. Chiropractic Park Minamisenba all right reserve.
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策

・MAGIC SEARCH ・リンクアップ/健康・医療