大阪 カイロ カイロプラクティック

HOME
カイロプラクティックとは
施術の手順
料金と営業時間
予約と地図
スタッフプロフィール
国際基準が必要な理由
クリック↑地図が拡大されます
カイロプラクティックの適応症
カイロプラクティックでは下記以外の様々な症状に対しても適応する場合があります。慎重に身体の反応を調べてカイロプラクティックに向かないと判断した場合は、病院や他の医療をお勧めする場合もございます。
詳細は各項目をクリックしてください
*現在腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経痛、しびれ、ヘルニア、背骨が痛い、膝が痛い、肩が痛い、寝違いがみられます。

携帯用ホームページ


更新情報
2012.5.15.
腰痛2のページを作成しました。
携帯用サイト

 

肩こりの治療

肩こりの治療にはたくさんの方法があると思います。マッサージ・鍼灸・整体・カイロプラクティック・運動・精神カウンセリング・独自の理論など。では、何故カイロプラクティックの施術が肩こりに有効なのでしょうか?

肩こりというのは首から肩にかけての筋肉が硬くなって重く鈍い痛みを感じるものですが、中には部分的に動かすと痛かったり、背骨のあたりが痛かったりと訴えは様々です。


原因は、一般的には筋肉の血行が悪くなって乳酸が溜まってその乳酸が神経を刺激して痛みがおこると考えられています。確かにそれを考えるとマッサージは血行をよくして乳酸を流してくれるので肩こりには効きそうですね。しかし、血行が悪くなる原因を取り除かないとまた同じことの繰り返しです。そして、揉めば揉むほど筋肉はその力に抵抗するように硬くなっていきます。
では、血行が悪くなる原因はどこにあるのでしょうか?

運動不足
これはもちろん関係はあるのですが、運動をしてもその時は楽になるがまた元に戻ってしまうという声もよく聞きます。それは、他に血行不良の原因があって運動した時は血流がよくなったということだと思われます。運動は正しく長く続けていくことで凝りにくくなっていきます。

姿勢が悪い
姿勢が原因というのは最近では当たり前のような言葉になってきました。しかし、姿勢が悪いというのは見た目だけで背中が丸いからダメというものではありません。凝っている筋肉は必要以上に運動を強いられてしまい乳酸が溜まるのですが、それはほかの筋肉と比べて働きに差があるからです。つまり働いていない筋肉の代わりをしてしまうからです。本当の意味で姿勢というのはいくつも重なり合ったバランスの崩れを示すものでただ背中が丸いだけでは片づけられるものではありません。筋肉のバランスを改善して、そのバランスを崩した原因を治さない限り何度も肩こりは繰り返されます。

目が悪い
目が悪くいつも目を細めて物を見るような人は肩がこる場合があります。眼球の動きは首の筋肉といつも連動しており、目が悪いとものを見る時にはっきり見ようと眼球の微妙な調節が余分に行われます。そのために首の筋肉もいつも調節しようと余分な働きが行われますので、凝りやすくなります。乱視が入るとさらに悪化するのがわかると思います。また、目が悪いために姿勢が悪くなって凝ることもあります。
カイロプラクティックの施術を行うと、視力が完全に回復するわけではありませんが、目の前が明るくなったり、物を見やすくなったという患者さんの声をよく耳にします。これは、目の動きと首の筋肉の動きを調節する神経が活性化したためと思われます。

顎が悪い
顎の関節を動かす時にも首や肩の筋肉が一緒に動きます。顎の動きが左右で違っていると肩は凝りやすくなります。それと、顎を動かす筋肉そのものに疲労が蓄積すると肩こりとして感じることもあります。顎がゴリゴリなったりする方はカイロプラクティックでチェックしてもらうといいでしょう。意外と肩こりの原因であることが多いです。

ストレス
肩こりの話ではいつもでてくるのがストレスです。こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。→BLOG
ストレスは自分自身が精神的に感じているものばかりではありません。パソコンが大好きでも一日中使っていると知らぬ間にストレスを受けています。座ってばかりでも受けますし、逆にハードすぎる運動もストレスになります。毎日の通勤電車もそうですね。ジワっと汗をかくような適度な運動や声をだしてストレスを発散するといいのですが、一度身体にしみついたストレスはそう簡単にはとれません。過去の自分でも気づかないような出来事の記憶と結びついて身体に反応として現れます。この反応を断ち切るためにはカイロプラクティックでの施術が必要となるでしょう。肩の筋肉はストレスの反応が出やすい場所ですので、取り除くのは簡単ではありませんが、繰り返し行うことで改善が見られます。

腎臓の働きが悪い
これは病気というわけではありません。腎臓の働きが悪いと身体の中の水分が多くなり、むくんだり冷えたりしやすくなります。それはつまり血行が悪いということで乳酸の停滞が起こりやすくなりますので筋肉は凝りやすくなります。よく、太っていると感じている患者さんがおられますが、意外と脂肪よりも水分によるむくみの方が大きいことが多いのです。腎臓の働きを良くするには漢方を飲むのもいい方法ですが、適度な運動・汗を出す(半身浴や岩盤浴など)・身体を冷やさない(食べ物や飲み物)・アルコールを控えるなど生活習慣を改めるといい効果が現れます。カイロプラクティックでは、腎臓に関わる様々な角度からの施術を行い、自然治癒力による腎臓の活性化を行いますので、合わせて施術を受けると効果がさらにアップするでしょう。

その他
病気によるものもあります。肝臓や胆のうの病気。心臓疾患。肺がん。うつ病、PTSDなどの精神疾患。これらはまず専門の病院でちゃんとみてもらいましょう。その後で少しでも改善させるためにカイロプラクティックを利用されることが望ましいです。
また、子供の時からあるような背骨の側ワン症の場合は形は変わらなくとも症状を改善させることはできますので、是非ともカイロプラクティックをご利用ください。

このようにカイロプラクティックはただ骨をボキボキするのではなく、身体を様々な角度から見て原因を見つけ出して、高い技術で症状の改善に必要な施術を行います。これはWHO(世界保健機構)でも推奨している国際基準の大学教育を受けたカイロプラクターだからこその為せる技です。
肩こりでお悩みの方は是非国際基準のカイロプラクティックをご利用ください。

 

 

 

 ◆実際の症例

 詳細は各項目をクリックしてください

肩こり

1. 慢性的な肩こり 23歳 女性 会社員
2. 緊張しやすい人の肩こり 36歳 女性 主婦

頭痛

1. 吐き気を伴う頭痛 38歳 女性 美容師

しびれ

1. 手の指がしびれる 55歳 男性 会社員

腰痛

1. 運動後のぎっくり腰(急性腰痛) 35歳 男性 クリエーター
2. 歩行中にぎっくり腰(急性腰痛) 22歳 女性 OL営業
3. 坐骨神経痛(足のしびれ) 58歳 男性 会社員
4. 慢性腰痛 28歳 女性 ウェブデザイナー
5. 慢性腰痛2 35歳 男性 会社員

背部痛

1. 寝起きに背中が痛い 38歳 女性 ベビーシッター

 ◆コラム

詳細は各項目をクリックしてください
手のしびれ・足のしびれ 11 うつ病と自律神経失調症を考えるB
椎間板ヘルニア 12 肩こりの治療
骨盤矯正 13 癌と健康食品-神の恵みの樹・タヒボ
大阪のカイロプラクティック 14 ぎっくり腰とカイロプラクティック
カイロプラクティックと整体 15 整形外科とカイロプラクティック
閉じ込め系 16 膝の痛み・変形性膝関節症とカイロプラクティック
来院回数 17 しびれで大阪の病院をお探しの方へ
関節の痛み 18 坐骨神経痛と大阪のカイロプラクティック
うつ病と自律神経失調症を考える@ 19 ヘルニアの治療で大阪の名医をお探しの方へ
10 うつ病と自律神経失調症を考えるA 20 腰痛治療にカイロプラクティックが効く理由!

 

整体×カイロプラクティック大阪外来センター
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-12-9 クレスト心斎橋406
TEL:06−6260−0029 URL:http://seitaichiro-osaka.com copyright 2007. Chiropractic Park Minamisenba all right reserve.